私が暮ら島根県は近年、少子高齢化が加速し若い世代の県外の流出が問題視されています。
昨今の、あるべき家庭像も十年前とは様変わりし異なる世代との同居率も下降線を辿る一方です。
その為、先祖代々から受け継ぐ広大な土地家屋、そして田畑や山林の維持がとても困難な時代です。
田舎から都会へと移住し跡継ぎが不在の家屋や土地があちこち点在し行政も頭を抱える現状です。
そこで空き地利用に、ここ近年着目されているのが太陽光発電です。
田舎の土地は比較的地価が安いとは言え、親が持っていた土地を相続するとなると、相続した人が固定資産税を負担し続けなくてはなりません。空き地利用で最も魅力的な方法は土地を貸す、または太陽光発電です。
太陽光発電は長期的な計画を必要とし、安定収入を得られます。
条件としては、日照があり事、発電パネル設置用の架台を固定できる地盤がある事、電気が通じていてる事、電力会社に買取の需要がある事、長期間設置する土地を他の事に活用予定が無い事、設置資金がある事等が挙げられます。
太陽光発電に踏み切る前に、一連のシュミレーションと具体的な工事費用の試算が必要です。
一回設置をしてしまうと土地を自由にできなくなる等のデメリットも念頭に置くことがポイントです。

こちらにも詳しく書いてあるので、参考にしてください⇒空き地利用 太陽光発電

関連記事


    太陽光発電システムの発電効率は、太陽の日射時間と温度の影響を大きく受けます。 太陽が出ている時間にしか発電できない太陽光発電システムは、1日を通して得られる発電量はその日の天候にも左右されます。 その…


    太陽光発電とは、高い初期費用を払って10?20年という長い使用期間により初期投資費用を回収していくシステムです。 しかし、ソーラーパネルやパワーコンディショナといった装置には、それぞれ装置によって寿命…


    一般的に家を建ててから、約10年程度を目安に「外壁塗装」の塗り替えをする傾向が多く見られます。 10年というのは、家を長持ちさせるために必要な経過期間です。 もちろん「10年未満」で「外壁塗装」をする…