太陽光発電とは、高い初期費用を払って10?20年という長い使用期間により初期投資費用を回収していくシステムです。
しかし、ソーラーパネルやパワーコンディショナといった装置には、それぞれ装置によって寿命や耐用年数が異なります。
太陽光発電システムの寿命と耐用年数については、ソーラーパネルが15?20年、パワーコンディショナが10年とされています。
太陽光発電システムは、可動部分がないため他の発電システムより故障しにくいので、ソーラーパネルの耐用年数は15?20年程度とされています。
パワーコンディショナにおいては、使用されている部品の寿命が大方10年なので、耐用年数も大方10年とされています。
しかし、定期メンテナンスを行うことでソーラーパネルとパワーコンディショナの寿命と耐用年数を伸ばすことができます。
太陽光発電システムに可動部分がなく故障し辛くても、使い続ければ不具合や故障が発生します。
極力高い発電効率を維持したまま使用し続けるには、定期的なメンテナンスが欠かせません。
メンテナンスにおいては、点検サービスを提供していないメーカーがある上に、提供していても有償サービスになっているメーカーが多いです。
けれども、自分の点検だけでは発電システムの異常や状況を把握しづらいため、有償であっても定期的にメンテナンスを実施する方が楽に済みます。
太陽光発電について詳しく書いてあるのでこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電とは

関連記事


    太陽光発電システムの発電効率は、太陽の日射時間と温度の影響を大きく受けます。 太陽が出ている時間にしか発電できない太陽光発電システムは、1日を通して得られる発電量はその日の天候にも左右されます。 その…


    私が暮ら島根県は近年、少子高齢化が加速し若い世代の県外の流出が問題視されています。 昨今の、あるべき家庭像も十年前とは様変わりし異なる世代との同居率も下降線を辿る一方です。 その為、先祖代々から受け継…


    一般的に家を建ててから、約10年程度を目安に「外壁塗装」の塗り替えをする傾向が多く見られます。 10年というのは、家を長持ちさせるために必要な経過期間です。 もちろん「10年未満」で「外壁塗装」をする…