太陽光発電システムの発電効率は、太陽の日射時間と温度の影響を大きく受けます。

太陽が出ている時間にしか発電できない太陽光発電システムは、1日を通して得られる発電量はその日の天候にも左右されます。
そのため、天候が快晴や晴れだと太陽の出ている時間が長いので、それだけ日射時間も長くなるため太陽光発電システムの発電効率が良くなります。

逆に、曇りや雨といった太陽が隠れる天候だと、太陽が出ていないのでソーラーパネルに太陽光が当たりません。
なので、発電効率が低下する傾向になります。
ソーラーパネルに太陽光が当たるほど発電効率が良くなるので、ソーラーパネルを設置する方角や傾斜角度も発電効率に関わってきます。
太陽光発電システムの発電量が最も多くなるソーラーパネルの設置方法は、真南の方角に対して傾斜角度が30度なのですが、肝心のソーラーパネルに太陽光が多く当たらないといけません。
そのため、住まいの屋根のタイプによっては適切な傾斜角度が変わってきます。

そして、ソーラーパネルは温度が高くなるほど出力が低下します。
なので、日射時間が長い夏の時期が一番発電効率が良くなりますが、そこに温度も関わると話が変わります。
夏場の気温の高さによりソーラーパネルの発電効率が悪くなるので、日射時間が長くても発電量が多くなりません。
太陽の日射時間と温度によって太陽光発電システムの発電量が左右されるのは、ソーラーパネルの発電効率に影響を与えているからです。

太陽光発電について、私はここを参考にしました⇒太陽光発電 発電効率

関連記事


    太陽光発電とは、高い初期費用を払って10?20年という長い使用期間により初期投資費用を回収していくシステムです。 しかし、ソーラーパネルやパワーコンディショナといった装置には、それぞれ装置によって寿命…


    私が暮ら島根県は近年、少子高齢化が加速し若い世代の県外の流出が問題視されています。 昨今の、あるべき家庭像も十年前とは様変わりし異なる世代との同居率も下降線を辿る一方です。 その為、先祖代々から受け継…


    一般的に家を建ててから、約10年程度を目安に「外壁塗装」の塗り替えをする傾向が多く見られます。 10年というのは、家を長持ちさせるために必要な経過期間です。 もちろん「10年未満」で「外壁塗装」をする…