あなたが新しく車を購入して

通常、任意保険というものは強制保険としての自賠責保険とは違って、自賠責保険だけでは補いきれない部分の補償が可能になる凄く重要なものです。

これは任意保険の考え方は自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険ということで役に立つものですので、自賠責保険の支払い限度額を超えた場合に役立ちます。

また、自賠責保険の中では対物損害に対しては補償を受けることができないので、対物損害をまかなう場合はさらに任意保険にも入っておく必要があります。

既に任意保険を払っている愛車を売却する場合は日本の車あるいは輸入車などことは関係なく、残存金額が戻ってきます。

国産自動車を手放す場合でも同じことが言えます。

自賠責保険の場合は、通常加入したままでいるのが常識になっていますが任意保険の場合は全ての人が入る保険ではありませんから契約解除をすることになります。

それから任意保険をキャンセルしたあとは、現段階で 納付済みの返戻金が返金されるということになります。

車の買取が決定したからといって即保険をキャンセルするという選択肢はリスクがあります。

当然すぐさまキャンセルすればその分返ってくる額は増加しますが、もしも車店舗が遠方にあるため、自ら運転していくということになった際は任意保険に入っていない状態で運転をする必要があります。

リスクを考えて絶対にこの先自ら運転をすることはないという状況になる時まで任意保険の中途解約はされないようにしなければなりません。

クルマを処分して、すぐ新しい車種を購入するケースであれば問題ないですがもし車の運転をしない状況が継続して任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない時間があると前に継続していた保険の等級が下がってしまい任意保険の保険料が増えることがあります。

こういった状況であれば「中断証明書」というものを提示してもらうようにする必要があります。

この「中断証明書」があることで、一定期間、無保険になる前の任意保険の等級を引き継ぐことができます。

さらに、13ヶ月以内でしたら発行依頼をすることができますから、もしも今現在でクルマを売られていて、「中断証明書」を発行されていないのでしたら、任意保険の代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。

あなたが新しく車を購入して、購入後に前に所有していた中古車を廃車依頼する場合は、任意保険の加入は片方のみとなります。

任意保険の切り替えという対応になりますから、運転しなければならない所有車だとしたら買い取りの際まで注意しなければなりません。

それから、任意保険というのは車種などにより料金が大きく変わるので愛車売却時は任意保険の内容をチェックしてみる良い機会になるでしょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.chat-rafa.com All Rights Reserved.