教えてくれるのでもしも中古車の買取

自動車を買い取ってもらうとき、愛車の売却の時も印鑑証明書がなければなりません。

この印鑑証明という書類に関して説明しましょう。

印鑑証明書とはある印鑑が実印で間違いないということを保証するためのものです。

印鑑証明がないと使っている印鑑が実印で間違いないという事実が証明できません。

決して小さくない売買になる該当する車の売買ですから必然的に実印が必要になることになりますがその時に印鑑証明という書類が出てきます。

この印鑑証明を発行するにはまずは印鑑証明をすることが必要です。

登録するはんこは実印と言われ、唯一無二の判子でなくてはなりません。

実印を準備して自分が住む役場へいけば印鑑登録をすることができます。

印鑑登録をすれば印鑑登録カードなるものを発行してもらえて、印鑑登録手続きをした判子は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明書を発行してもらうためには市町村役場の受付へ出向き、専用の書類に必要項目を記載して、印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。

それから自動交付機を使って印鑑証明を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限はありません。

ですのでどんなに前の印鑑証明だとしても効力は消えないのです。

ですが車売却の際には、必要となる印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものとされています。

ほとんどの場合有効期限の定めはありませんが自動車買い取りの際は、店側が有効期限を教えてくれるのでもしも中古車の買取を検討しているなら、事前に準備しておくことが必要です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.chat-rafa.com All Rights Reserved.