査定に出す愛車買い取り時に普通に還ってくるのです

クルマを所有するあなたは承知していると思いますが自動車税というものの納税義務があります。

それでこの税金は査定に出す愛車買い取り時に普通に還ってくるのです。

こういった内容は実行したら直ぐに覚えられますがそれでは一から順に簡易的に案内したいと思います当たり前ですが補足すれば、国内のクルマのみが対象ではなく海外の車でも自動車税が還付されることに決まってます。

当然ですが愛車などもそうです。

車を所有する人が払わなければいけない税で、この金額は車の排気量の大小毎に決められています。

1リッターより低いなら29500円1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円です。

これからは500cc刻みで5000円が乗ってきます。

そしてこの税金は4月1日現在ののオーナーがその年度のお金を納付する義務となっています。

ということは事前納付になるのでもちろんクルマを買取してもらって、所有権を手放した時では先に払った分の金額は還ってくるんですね。

この税は事前納付で今年度の税金を支払うので一年以内にクルマを手放した場合には新たな所有者が自動車税の納付義務を負うということになります。

買取先が専門店なら、引き取り時にあなたが先払いしている分の金額を返してくれます。

つまり所有権が移転された時以後の税は、入れ替わったオーナーが納付義務を負います。

例えば自分が10月にクルマを手放した場合は11月以降次の年の3月中までの払った税金は返金されます。

というのも、繰り返しになりますが自動車税の場合は先払いであるという決まりによるものです。

つまり、前所有者は買取先に払いすぎた税金を返還してもらうということです。

業者を介さずに自動車を売買する際に、意外とこのような事実を忘れている人がよくいるため忘れないようにしてください。

自動車税がクルマを売却すると返金されるという事実を意外に知らない人が多いからと言って、その事実を隠す悪徳業者もあるのです。

自分から自動車税について言わなければ完全に税金のことには触れないということもたびたび聞かれます。

なので自動車の買取をする時には、自動車税が返還されるか否かの確認を忘れないようにしましょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.chat-rafa.com All Rights Reserved.